「フィーリングの合う人がいい」という条件は、そんなに難しいものなのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

フィーリング(feeling)とは、感覚、触感、知覚、感じ、印象、予感、意見、(喜怒哀楽などのさまざまな)感情、気持ち、(個人間などで生じる)感情のこと。
動詞「feel」の現在分詞。物理的に感じる感覚だけでなく心理的な気持ち、印象、あるいは何かに対する感性まで幅広い「感じ」を表すそうです。
Weblio 辞書・英和辞典より引用)

フィーリングこそ感覚的なものなので、自分以外の誰かに対する「合う」「合わない」を言語化するのは難しいなーと思います。
しかしあたしは、好きなタイプを問われれば「フィーリングの合う人」としか、言いようがないのです。

外見にしても、性格にしても、過去歴代親しくなった男性をグループ化することができないほど、タイプに統一感がない自分。
以前は「もしや『好きになった人がタイプ』とか、マジでアイドルみたいなセンスなのか!?」と己を疑ったものですが、最近やっとわかりました。
あたしが好意を抱く(男女問わず)のは、おしなべて「あたしとフィーリングが合う」人ばかりだったんです。

「フィーリングが合う/合わない」あたしの感覚ではこう

「フィーリングが合う/合わない」というのは日々さまざまなコミュニケーションの中で感じますが、具体的にどんなシチュエーションなのか、ここしばらく「これは」と思うたびに自己分析してみました。

・SNSに投稿した内容に対し、絶妙なコメントがつく⇒合う
・同様、ピントのずれた(とあたしが感じる)コメントがつく⇒合わない

・あるテーマについて書かれた記事が共感できる内容⇒合う
・同様、思いもよらない着眼点(どちらかといえば違和感)な内容⇒合わない

・メールやメッセのやりとりで、自然なキャッチボールができる⇒合う
・同様、こちらの投げるボールに相手が答えるのみで一方通行感⇒合わない

・デートや飲み会における店のセレクトが好み(雰囲気、味、価格)⇒合う
・こちらの懐具合を無視した高級店で、当然のようにワリカンを提案⇒合わない
・初デートなのにチェーン系の居酒屋やオヤジ系赤提灯へ⇒合わない(※)
 ※親しくなってからならOK。初デートだけは……ねぇ(笑)

・初キス(あるいは色っぽい口説き)のタイミングが一致⇒合う
・同様、まったく気分になっていないタイミングで発動⇒合わない

・「また会おう」から次回「会いたい」と感じる間隔がほぼ一緒⇒合う
・めっちゃ頻繁に会いたがる、またはじれったいほど放置⇒合わない

・メールのやりとり間隔、および文章量が同程度⇒合う
・同様、即レスだったり無駄に長文だったり1行だけだったり⇒合わない

上記の「合う」「合わない」は、あくまであたし個人の雑感ですが、きっと誰もが自身の感覚を基準として判断しているのではないでしょうか。

フィーリングは、迎合できるものとできないものがある

総じて「フィーリングが合う」とは、以下の要素でまとめられるのではないかと思いました。

ひとつは、タイミングが合う
メールやデートの間隔、口説く(=触れたい欲求)などは、ここに充当しますね。

もうひとつは、価値観が合う
店のチョイスや何気なく出すメールの文面(量)、会話(コメント)のやりとり、物事や事象に対する解釈の仕方などは、総じて個人の価値観が投影されているのではないでしょうか。

うち、タイミングについては、相手を好きならばある程度合わせられそうな気がします。また、つき合いの長さや親しさに比例して(相手のことがわかってくると)だんだん合ってくることもあります。
しかし価値観については、後天的に合わせるのは難しいもの。逆に、年齢や育ってきた環境が近かったり、元来の性質がいわゆる「似たもの同士」の場合は、初対面からピンとくることも。
(必ずしも似た者同士というわけではない)

友達ならともかく恋人や配偶者との相性は、決して「似たもの同士」がベストとは限りません。むしろ「ないものを補い合える」関係のほうが長続きするという説もあります。

だけどあたしは、やっぱりフィーリング重視。「好き」が一致するに越したことはないけど、それより大事なのは「嫌い/興味がない」が一致していること。
体力のないあたしに富士山登頂デートとか提案されても無理だし!
「何食べても同じ」人相手にゴハンとか作りたくないし!
倹約家すぎる(要はケチ)な人とは絶対わかりあえないし!
価値観が違い過ぎてダメ出しばかりされたら凹むし!
(富士山~はさすがにないが、それ以外は過去実際にあったケース。そりゃ別れるさ……苦笑)

すべてにおいて合致することは稀ですが、適度にフィーリングの合う人は、探せばわりといます。
しかし問題は「フィーリングさえ合えばいい」わけでもないこと。

友達としてなら仲良くなれますが、恋愛対象となると、やはりフィーリングだけが要素ではなかったりするんですよね。
ああもう、いつからこんなめんどくさい女になっちゃったのかしら。

PICKUP

ARCHIVE

PAGE TOP