【愛生きバックナンバー】「弟」という存在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

メルマガ『愛がなきゃ生きていけない』掲載のコラムです。
vol.3(2003.1.11配信)

あれから14年弱が経ち、現在「弟」分な友達は3名います。
しかも全員、すでに既婚&子持ちのパパ(うちひとりはこれから産まれる予定)。

弟になった当時は、全員未婚だったのに(当時大学生だった子も)。
皆どんどん大人になり、お姉ちゃんは取り残されたような気分です。苦笑

断っておきますが、年下の男友達が全員「弟」になるわけではありません。
あたしが「弟」と慕うからには、向こうも「姉」として慕っている、親戚レベルに親しい相手限定の称号なんです。
(実際、向こうはあたしを「お姉ちゃん」「姉貴」と呼びますw)

「【弟】という存在」

あたしには【弟】と称する関係の友人が数人います。
ただの友達よりも、ちょっとだけ身内意識を持ってひいきにする存在。
同義語で年上の場合は【兄】と称します(笑)

男友達には、2つの位置付けがあたしの中にはあります。
恋をしてしまう可能性を秘めた友人と、そうでない友人。
後者はおいといて、前者のような相手とは出会った当初、相手も同じように感じていたのではないか、と思うのです。
なんとなく、態度でね。こっちの気持ちにも、きっと気づいていたでしょう。

可能性を秘めつつ恋愛に至らない理由はさまざま。
お互いパートナーがいたり、迂闊な進展ができない環境(仕事仲間とか)だったり、単に決め手に欠けてたり、タイミングがずっと合わなかったり……。

* * * * * * * *

そういう自分の気持ちに自覚があるから、彼氏がいる時は意識的に疎遠にすることもあります。
何も起こらない理性に自信があっても、なんとなく逢うと後ろめたい気分になるから。

長い付き合いの【弟】は、そんなあたしをきっとわかってくれてるのでしょう。
強引に逢おうともせず、だけどお互いブランクを感じない程度にメールなどで繋がってたり、お互い本当の姉弟のように、何かあれば心配するし、元気にやってるのを知ってあったかい気持ちになれる関係、というのもなかなかいいモノです。

* * * * * * * *

先日【弟】の一人から「今度パパになる」との報告がありました。
彼とは奥さんになった女のコと付き合い始めた当時からずっと知っているので、順調に幸せを育んでいるのを知って、頼もしく成長したことをとても嬉しく思いました。

あたしは何も成長してないなぁ……。
ま、あたしはあたし。
お姉ちゃんも、もっともっとイイ女になって、ちゃんと幸せ掴むから、遠くから応援しててね!

PICKUP

ARCHIVE

PAGE TOP