【愛生きバックナンバー】愛があれば歳の差なんて!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

メルマガ『愛がなきゃ生きていけない』掲載のコラムです。
vol.10(2003.2.28配信)

実はこのメルマガを配信した翌年、さらに年下(14歳差!)の彼氏とつき合っていたり。記録更新(笑)
コラム上で取り上げた年齢差は「彼氏としてつき合った」相手限定ですが、遊び(いわゆる浮気)まで含めたら、12歳年上ってのもあったんですよね。しかも相手のほうは本気になってしまい、後々困ったという。悪女だわーw

年々、恋愛対象との歳の差については、意識することがなくなってきたように感じます。
それはあたし自身が甘えるだけの関係ではなく「甘えさせてあげる」喜びもわかるようになったから、かな。
だいぶ大人になったもんです。って40代なんだからいいかげん大人にならなきゃ、ですよねw

愛があれば歳の差なんて!?

いろんな恋愛を経験したオトナのみなさん、許容範囲は上下何歳だと思いますか?

具体的に条件をつける方はあまりいないと思います。
どちらかといえば経験値として「このあたりまでは平気らしい」などと
漠然と感じているのではないでしょうか?

* * * * * * * *

あたしは……上は8歳差~下は9歳差まで、経験上成立しました(笑)
じゃあ年上と年下のどちらが好きか?と言えば、どちらとも言えません。

個人的に感じた、それぞれの良さと短所を整理してみましょう。

【VS 年上】
○自分がいつまでも若い気分でいられる
○自分の幼稚な部分を許容してもらえる気楽さ
○「あなた仕様」に染まってゆく自分に対する、嬉しいような照れくさいような感覚
○人生の先輩として、仕事や生活へのアドバイスをしてくれる
×あたしの主張が受け入れられず、相手のペースに合わせなくてはならない

【VS 年下】
○自分が相手と同じくらい若くなったような錯覚になれる(笑)
○VS年上よりも、発言力が持てる・素直に聞いてくれる心地よさ
○自分の影響力を受けやすいので「あたし仕様」に成長してくれる
○何よりエネルギーがある(笑)
×どうしても頼りなさが目に付き、なかなか甘えられない

* * * * * * * *

「なんだ結局どっちと付き合っても「若者気分」なんじゃないか?」
とゆ~ツッコミはなしですよ(爆)

まさに一長一短。
だけど、これって一概に年齢差で分別できないような気がします。
年上でも頼りない♂はたくさんいます。
年下でもあたしよりしっかりしたオトコはたくさんいます。
年上だってエネルギッシュなオトコもいるし、年下でもオヤジ系なオトコもいます。

二人の年齢差は永久不変だけど、立場は相手によりさまざま。
(さすがに5歳以上離れると、お互い意識せずにはいられませんが)
大事なのは「同じ高さの目線」で接することができるか、なんですよね……。

* * * * * * * *

どうしても同じ目線になって接することができなかった年下のオトコがいます。

向こうはあたしを決して年上のように扱わず対等に接していたのですが、あたしは、一方的に相手の目線まで降りるのではなく、彼にも多少背伸びをするように接して欲しいと思っていました。
大好きだったのに、ずっと甘えることができませんでした。

あたしは彼の年齢を経験しているから、当時の幼さを多少は理解できるけど、彼に経験したこともない未来の年齢の心情など、理解させるのは困難でした。
アタマではわかっていても……あたしはいつまでも向き合いたいと切望し、それは叶うことはありませんでした。

離れる理由が「埋められない年齢差」ほど理不尽なモノはありません。
当時の相手の年齢に追いつき、理解できなかった相手の想いに初めて気づいた時、年下の方は、再び切ない気持ちになるかもしれません。

だけど、その時にはすでに、相手は再び手の届かない未来に向けて、年齢差と同じ歩数分、進んでしまっているのです……。

* * * * * * * *

ごめんね。あの時わかってあげられなくて。

ごめんね。孤独に耐えられない弱さを、うまく伝えられなくて。

PICKUP

ARCHIVE

PAGE TOP