【AllAbout恋愛】 ハッキリしない男女の真意について書きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オールアバウトの恋愛コラムが公開されました。
テーマは「私たち付き合ってるの?――ハッキリしない男女の真意」です。

記事はこちらからどうぞ。

今回はリクエストテーマでした。
(何本かもらっているので、当面はリクエストに沿ったテーマを取り上げる予定)

自身が「これを書こう」と決めるテーマと、他者からリクエストされるテーマの違いとは。
前者は島田佳奈自身の経験や、最近「なるほど」と気づいた「個人的に旬」なネタからピックアップされるのに対し、後者は経験則とは異なるテーマだったり、近頃話題になっているなど「事象的に旬」なネタが取り上げられます。
後者のほうが客観的な視点に立ちやすいというのはありますが、前者は前者で(自身のアンテナだから)熱く書けるという利点はありますね。適宜ヒアリングが必要なのは、前者も後者も同じ。

特に今回のテーマについては、あたし自身が一度も悩んだことがなかったので、まずは「きっとこうだろう」という仮説を立ててからヒアリングをしました。
実際、大きくはズレていなかったものの、特に男性側の真意については「そのケースもあるのか!」という想定外な回答もあり、目からウロコでした。
(女性同様の「確かめるのが怖い」ってヤツね)

あたしの場合逆というか、自分はまだ相手をボーイフレンド(のひとり)くらいに捉えてて、相手が彼氏面っぽい態度や言動をしたときに「え、あたしたちってつきあってたの!?」と、素でボケるパターンが多いんです。
(我ながら、ひどい女だ……)

でもハッキリ言われれば、素直に応えますよ。つき合ってると(相手が)思い込むくらいには、あたしも「好き」だからデートを重ねてるんだしね。
その段階でNOと答えるほど、男を弄びはしません!w

もしも同一ライン上に複数の候補者がいた場合は、きちんと言葉にしてくれた男気を評価するという意味で、先に「つき合ってください」と言った相手を選びます。先着一名。笑
(器用じゃないので、同一ラインにふたり以上並んだことはありませんが……^^;)

PICKUP

ARCHIVE

PAGE TOP