【バラ色、ときどきイバラ道】婚活サイトにいる40代男子について書きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カフェグローブ連載中の【バラ色、ときどきイバラ道】#3が公開されました。
テーマは「イケメンなのになぜ独身? 婚活市場の40代男性に思うこと」です。

記事はこちらからどうぞ。

40代男子については、この1本じゃー書ききれないほど豊富にネタがあるのですが、ひとまず世代別の総評から。
30代はこちら。50代は今後アップ予定です(2017年4月25日現在)。

意外だったのは、30代より40代のほうが自宅率が目立っていたこと。
うちの数名に訊いたところ「パラサイト」「介護」という事情が浮き彫りになりました。

パラサイトの実態は、決して収入が少なくて自立できないというんじゃないんですよ。そこそこ稼いでいるくせに「自宅なら家賃ないし」「家事やらなくていいし」という甘えた系(当人は「合理的」と思っている)。
いい車乗ってたりブランド物を買える生活レベルを保てるのは、いずれ親から自宅を譲り受ける前提の長男(または一人っ子)ならでは。
「持ち家なら、結婚してもいい生活できるわー」と思う女性ならば、きっとうまくやれるでしょう。ジジババ付きの可能性は高いですが(笑)

すでに介護生活も終え家も相続した、天涯孤独な自宅住まいの40代男子もいました。
それなら生活面では安泰かと思いましたが、性格面が合わなさそうだったので、会う前にフェイドアウト。彼はその後まもなく婚活サイトを退会していたから、きっとパートナーにめぐり会えたのでしょう。

結局は、条件面より相性なんですよね。いや、他の女性は違うのかな。
できれば(サイト内にいる)女性陣にもヒアリングしたかったのですが、婚活サイトという性質上、同性からメッセもらっても警戒されるかスルーされるだけなので、実現しませんでした。

でもサイトで知り合った男性陣から「これまで出会った女性」についてのネタは、かなり収集できたんですよ。
本音と建て前を使い分ける婚活女の怖さ、いずれ明かしていきますね。ふふふ……w

PICKUP

ARCHIVE

PAGE TOP