女性セブン(2017/12/14号)にコメント掲載されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

10月5日発売の女性セブン(12/14号)に島田佳奈のコメントが掲載されました。


(表紙画像は公式サイトより拝借しました)
ジャニーズ(二宮和也)だったから、マスキングされてますね。笑

ウェブにも転載されていたので、リンク貼っておきます。
「主婦合コン」参加者が増加中 女性陣には厳格な選考会も(NEWSポストセブン)

NEWSポストセブン|「主婦合コン」参加者が増加中 女性陣には厳格な選考会も│
「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネッ...

今回コメントしたのは「リアル『主婦合コン』のきびし〜い選考会」というテーマについて。
最近の流行りっぽく言われてますが、実は昔から主婦合コンはありました(昔は「人妻合コン」って呼ばれてたような。主に参加する男性陣の間で)。

あたしは現在主婦ではないですが、おそらく人妻であっても合コン参加に対する罪悪感はゼロでしょーね。
そもそもプライベートで参加する可能性もゼロ。出るとしたら完全に取材。

まーアラフィフにもなると、いかがわしいイベントにお声がかかることもなくなるものです。実に平和(笑)

女として「いつまでも現役」でいたい気持ちはありますが、それはあくまで「好きな男目線」でのこと。
女同士のマウンティングに乗っかるつもりもないし、ましてやヨソの男からセクシーな視線を浴びたら、むしろ迷惑。
彼氏がいないフリーな状態ならば、また話は別ですけどね!

「彼氏(夫)がダメなら他の男」
気持ちはわかります。過去そのような考えだった時期もあります。
でも、本当はパートナーからちゃんと女扱いされたいんじゃないかな。どこの人妻も。

外に目を向けちゃってる夫婦は「夫といまさら男として見れない」とか「妻を女として見れない」などと言い訳して自分を正当化します。
たとえお互い様だとしても、背中向けたままでは解決しません。

あ、でも男は嫉妬がトリガーになったりするから、やっぱ「主婦合コン」で妻が色気づくのは(夫婦関係マンネリ対策としては)アリかしらん。
うん、一理あるかなw

PICKUP

ARCHIVE

PAGE TOP