【熟女はつらいよ!?】「オッサン系熟女」と「こじらせ系熟女」について書きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【note】で展開中のマガジン『熟女はつらいよ!?』を更新しました。
今回のテーマは「『オッサン系熟女』と『こじらせ系熟女』」。

コラムはこちらからどうぞ。
(定期購読:400円/月。コンテンツ単位の購入も可能:150円/本)

「オッサン系熟女」と「こじらせ系熟女」|Kana Shimada|note
ひとくちに熟女といっても、いろんなタイプがいる。 ここ最近増えつつあるのは、オッサン系熟女だ。オッサンなんだか熟女なんだかややこしいが、両方を絶妙なバランス...

最後まで読まれた方はおわかりかと思いますが「オッサン系熟女」のサンプルはあたしです(笑)
そもそも若い頃から性格が男子寄りな女は、熟女になるとまんまオッサン化するという事例。もはや女らしくなることは諦めました。

それでも性別が女であるからには、きっと少しは女っぽさもあるのではないかと。毛穴から少しくらいは女臭が漂っているのではないかと。異性である男からは、それらのエッセンスも少しは感じるのではないかと。汗

果たしてこじらせ系熟女とどちらがマシかといえば、五十歩百歩だとは思うのですが。
あとはもう、個人の好みですね。こじらせててめんどくさい女が持つ色気(湿気)が萌えるという意見もあれば、サバサバしすぎてて男っぽい女のほうがわかりやすくていいという意見もあるし。

「フツーの熟女はいないのかよ!」
もちろんいますよ、どこかには。

ただ、オッサンにもオバサンにも寄っていない「大人のいい女」みたいな熟女は、男たちの幻想です。
オモテではそう見える熟女系の女優さんとかも、きっと家に帰ればオッサンかオバサンモードになるはずです。笑

PICKUP

ARCHIVE

PAGE TOP