【熟女はつらいよ!?】熟女のアンダーヘア問題について書きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【note】で展開中のマガジン『熟女はつらいよ!?』を更新しました。
今回のテーマは「熟女にとってのアンダーヘア問題。」。

コラムはこちらからどうぞ。
(定期購読:400円/月。コンテンツ単位の購入も可能:150円/本)

熟女にとってのアンダーヘア問題。|Kana Shimada|note
今回のテーマはアンダーヘア。 少々カッコよく言ってはみたが、要は「シモの毛」だ。 とあるメディアに載っていたデータによると、最近の20代女子は、過半数が「アン...

今回は、ちょうど転居のあれやこれやに時間と意識を持っていかれたせいか、自分でも呆れるほど筆が進まず、公開予定日を6日もオーバーしてしまいました(汗)
自主配信とはいえ「ほぼ週刊」と設定しているのだから、ちゃんと出さなきゃです。
読者のみなさま、遅くなってごめんなさいm(__)m

しかしその分練りに練って、内容的には面白く仕上がったかと。

その昔、アンダーヘアの脱毛を彼氏に担当させていたことがあります。
最初にやってくれた彼氏は、自ら「やってあげるよ」と毛抜きを取り出したんですよ。こっちも自分でやるのはアングル的に大変だったので、思わず頼むという(笑)
おそらくその男はヘンタイ脱毛マニアだったんでしょーね。アンダーヘアのみならず、スネ毛(当時はまだ永久脱毛前だった)も進んで抜いてましたからw

マニアな彼氏と別れ、新しい彼氏ができると、今度はあたしのほうから「やって」と頼んでいました。
結果、永久脱毛するまでの歴代彼氏全員、定期的にあたしの股間を手入れしていたという。

今思えば、何の疑問も抱かず「やって」と頼むあたしも、頭のおかしなヤツかもしれません。いくらすべてを見せあう彼氏とはいえ、M字開脚した状態で手入れさせるんですよ。まるで下僕扱いw

己を正当化するつもりは毛頭ありませんが、世の中、他人には理解しがたいことをやらせたりやってあげたりするカップルはゴマンといます。
どんなヘンタイ行為だって「双方納得の上ならばアリ」というのがあたしの考え。むしろ「ふたりだけの秘めごと」があると、結びつきが深くなるかもしれません。

ちなみにこの脱毛ネタ、サロンで施術中にエステティシャンのお姉さんに話したら「けっこーいますよ」とのこと。
だからあたしは、自分のやってきた行為は「たいしてヘンタイではない」と信じています。笑

PICKUP

ARCHIVE

PAGE TOP