猫背のマネキンはいない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今でこそ、周囲からは「姿勢がいい」と褒められるようになりましたが、10代の頃のあたしは猫背気味でした。
バレエを習っていた小学生まではピッと背筋を伸ばすことを習慣にしていたのですが、思春期に入り、初めておつき合いした彼氏の発言がきっかけで、背を丸めてしまうクセがついてしまったのです。

「俺、小さい女の子が好みなんだよね」
彼氏の身長は、170センチ(たぶん自称。推定168センチ)。
当時あたしの身長は、161センチ。

バンドマン(志望)の彼は、高校生のくせに革ジャンやらウェスタンブーツを履くオサレ少年だったため、あたしがペタンコの靴を履けば「理屈上」は身長差10センチ以上になるのですが、彼氏がスニーカーを履いていたりあたしがヒールのあるパンプスを履いてしまった日は、微妙に身長が並んでしまうので、毎回申し訳ない気持ちになったものでした。

好きで大きくなったワケじゃない。母方が高身長の家系なので、おそらく遺伝と思われます。
そもそも初対面でナンパしてきたのは彼氏のほう。身長なんぞ一見でわかる数値に対してdisられても困ります。
(たぶん彼はそんなつもりで言ったのではなかったのでしょーが、思春期の少女には、自身の高身長を全否定されたくらいショックだったのです)

いわゆるミニモニサイズ(150センチ以下)の女子は、口を揃えて「背が高いなんてうらやましい」と言います。
しかし、バレーボールの選手やショーモデルなど、高身長を生かせるのは最低でも170センチ以上。
164センチ(現在)というのは、職業レベルには足りないし、ハイヒールを履けば女装男子と勘違いされるし、日本の既製服は微妙に袖丈と股下がはみ出して「発育のいい小学生」みたいになるし、男性からは「ガタイがいい=強そう」なマイナスイメージになりかねないし、損をすることはたくさんあっても、何一つ得することはないのです。

「小さくて華奢な女の子」への憧れは、その後しばらくコンプレックスでした。なんで150センチで止まってくれなかったのかと、自分の骨格と血縁を恨みました。
(ちなみに小学5年生時点で、すでに150センチ超。発育よすぎw)
そして気がつけば、すっかり背を丸めた自信なさげな風貌になっていました。

そんなあたしの猫背を直すことができたのは、その後おつき合いした(別の)彼氏の一言から。
「もっと背筋伸ばしなよ」
猫背のマネキンなんていない。せっかくオシャレしてもそれじゃ台無しだよ、と。

彼氏の言葉ひとつで背中を丸めたり伸ばしたり、自己の確立していなかった昔のあたしは、なんて単純なんでしょう(笑)
でも、おかげで無意識レベルになっていた猫背を直そうと意識できたのだから、結果オーライです。

その指摘した彼はなんと、あたしより2センチ小さい、男子的にはちびっこレベル。
だけど彼は、誰よりも自信に満ち溢れていた(そして態度もデカかったw)ので、あまり小さい印象ではありませんでした。

ある日、あたしは彼にたずねました。
「ホントは自分より小さい女の子のほうが(バランスよくて)いいんじゃないの?」
すると彼は言いました。
「ハリウッド女優やスーパーモデルの彼氏は、みんな(彼女より)小さいじゃないか」
あたしを連れて歩くのが誇らしい、と彼はドヤ顔で答えました。

ありのままの自分に自信を持ち、堂々としている彼。
身長ひとつに振り回されていた自分が、恥ずかしく思えました。

「あたしももっと、等身大の自分を愛そう」
それからは、身長に限らず、さまざまなコンプレックス(大半は思い込み)と向き合い、徐々に「それも個性」と思えるようになりました。

外見の特徴は、受け止め方次第。個性と思えれば魅力になるし、コンプレックスを抱いたら自信をなくします。
背が高かろうと低かろうと、太っていようとやせすぎていようと、美人だろうとブサイクだろうと「これが自分だから」と受け止められている人は、堂々としています。
背筋を伸ばし、うつむかず前を向くだけで、自信があるように映ります。

「猫背のマネキンなんていない」
ふと鏡に映った自分が油断していたときは、その言葉を思い出して背筋を伸ばします☆

PICKUP

ARCHIVE

PAGE TOP