年末に引越しするメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨年ブログでお知らせしたように、このたび横浜某所へ転居しました。

【私信】島田、引っ越すってよ(18回目)。
引越しが決まりました。先月末から探しはじめ、たった半日・4箇所の内見だけで決めて申し込み、翌週には契約~年内には転居という、実にハイスピードな展開です。あた...

新居からこのブログを書いているということは、無事に引越しが済んだ(そしてネット環境が整った)ということ。

ホントは転居翌日にはネット開通していたのですが、片づけに追われたり急遽(彼氏の親戚に会いに)関西遠征したり正月休みを楽しんだり仕事初めから〆切に追われたりしていたため、ブログを書く余裕がありませんでした。
「正月休んでるじゃん」とお思いでしょうが、正月くらいは休ませてくださいよ。まー実際はクリスマスイブからずっと仕事せず、大晦日くらいしかPC立ち上げなかったんですが(笑)

今回の引越しは12月だったこともあり、ネット環境が途絶えるリスクと「せめてクリスマスは避けたい」私欲から、26日を転居日に設定しました。
しかし結局その直前は荷造りに追われたり、段ボール山積みの部屋ではクリスマスどころじゃなくなるので、あえて避けなくてもよかったんじゃないかと思ったり。

年末に転居するメリットとは

過去17回の引越しのうち、冬場に転居したのはたったの2回(いずれも2月)。12月の年末というのは初めてでした。
他の時期と比較してみて感じたメリットはというと……

■引越し業者さんが(他の季節より)辛くなさそう
基本、引っ越しは汗だくになるレベルの肉体作業です。夏場はホントかわいそうなほど。
でもサラリーマン時代は「ボーナス支給+夏休み」のコンボで、7~8月に転居することが多かったあたし。皆さんご苦労様ですm(__)m

しかし今回はお兄さんふたりとも「半袖でほんのり汗ばむ」程度だったので、気温的にはむしろ快適そうでした。
ちなみに2月はもっと極寒なので、天候がギャンブルになります。雨だって避けたいのに雪になってしまったら、階段アリ物件の場合は厳しいかと。まー雨より濡れないのは助かるんですけどね。

当たり前ですが業者のお兄さんも人間なので、お互い気持ちよく作業が進められるという意味で、11~12月はベストかもしれません。
(同じくらいの気温でも、3月は混むから早く済ませようと作業が雑になりトラブルも多い)

■年末年始の休暇で荷ほどきができる
ネットがないと死亡フラグな自宅作業のあたしは、とにかく原稿〆切のないタイミング(あるいは前倒し)でなければ怖くて引越しできません。
年末年始ならば取引先もお休みなので、いいタイミングでした。原稿のほうは年末進行で前倒ししていたしね。

■ピークの春&秋より引越し代が安い
忙しい師走に転居を避ける人は多いらしく、業者的には値段を下げてお客さんを獲得したい時期のようです。
ただ「25日まで」と「26日以降」では、各社びっくりするほど料金が違いました。これは、サラリーマンや学校が休みに入るから。
「26日~年末(業者により営業最終日は異なる)」だけは、比較的混む=そのぶん高くなります。

■大掃除をしなくて済む
荷造り~荷ほどきの間に断捨離ができ、プロがクリーニングした新居に移り住めるので、大掃除は不要です(笑)
旧居のほうは、荷物がなくなった後なので掃除も楽ちん。
今回は、立ち合い直前にパパッと掃除しました(主に彼氏が・笑)。

■新年を新居で迎えられる
今回の引越しは、年末にするか年始にするか、一瞬迷ったんですよね。年明けにしたほうが、ダブル家賃が少なくて済むかなーとも思ったし。
だけどやっぱり年末でよかったです。せわしなく引っ越す羽目になったけど、結果キレイな新居で年越しできたし♡

年末に転居するデメリットとは

実は、他の時期と比べて困った点もけっこーありました。同じ冬でも12月は年末だから、いろいろ特例が生じます。

■公共料金(ガス)、ネットの工事日が制限される
水道と電気は立ち合いないので基本どの日でも変わらないと思いますが、ガスやネット開設のように、立ち合いが必要となるものは注意が必要です。今回あたしは、ガスもネットも「年内最終営業日」の作業でした。

つまり、26日よりもっと年末に転居する場合は、転居日より前に開設立ち合いしなければ、転居当日にガスが使えない……なんてこともありえます。ただでさえ寒い年末、引越し当日にお風呂入れなかったら泣くってば!
いくら休暇中でも、年明けまでネット使えないのも恐いです。今はスマホでメールもできるし、タブレットで原稿修正もできるので死活問題とまではなりませんが、割込み仕事が入ってきたら……ガクブルですねw

前述のように「引越し件数が比較的多くなる」時期は、つまり立ち合い予約も混みあうということ。
引越し番長のあたしは早めに予約したのでセーフでしたが、ギリギリの手配では、引越し当日に合わせられない可能性も出てくるので注意が必要です。

■師走は道路が混むため、引越しトラックが遅延する恐れがある
今回は約60㎞という中距離の転居だったため、朝イチから作業スタートしてくれるようお願いしていたのですが、引越し屋のトラックが渋滞にハマり、やってきたのは予定時刻の1時間半後。新居までの道のりでも渋滞し、結局荷下ろしが終わったのは夕方でした。
もし午後(※)にしていたら、間違いなく日没後までかかってましたね。ケチらず朝イチにしてよかったですw
※同じ引越し日でも、午前より午後のほうが安い

■やっぱりクリスマスどころじゃなくなる
らくらくパック的なオーダーにすれば、前日まで荷造りしないで済みますが、あたしは断捨離しながら荷造りしたいので、毎回自分でやるコースを指定。結果、引越し直前のクリスマスは段ボールに囲まれながら迎える羽目に。
まーこんなシチュエーションも滅多にあることじゃないので、それなりに楽しみましたが(笑)

そういや「プレゼントは引越し済んで年明けに……」と言ってたのに、まだもらってないやw
(あたしからのプレゼントはBIGBANGのチケットだったので、フライングで渡してあった)

12月に転居するなら「クリスマス当日(またはイブ)」が得をする

ある業者いわく、12月でもっとも安いのは「25日」なんだそう(次が24日)。
みんなクリスマスくらいはイベントを楽しみたいのでしょう。

どうせ荷造りやらでイベントを楽しむ余裕がなくなるのであれば、引越し代が安くなるクリスマス当日にすればよかったと思っても後の祭り。予約したネット移転の切断日(CATVは切断も立ち合いが必要)が25日午後から早められなかったので、結局、引越しは当初の予定通り26日に。25日だったら2万以上安くなったんだけどなーw

+ + + + +

と、まーデメリットもいくつかありましたが、トータル的にはメリットのほうが多いので、12月に引っ越すのは悪くないかと。
これを読んで賢くなったあなたは、12月なら25日に引っ越しましょう!笑

<おまけ>
エディは引越し6回目。犬的には相当転居していると思われます。
引越し番長のママに飼われ、あちこち移り住んだ結果、すっかり慣れたようです(笑)


ボクもうベテランだし。

PICKUP

ARCHIVE

PAGE TOP