モルモットは耳の短いウサギ

先日、野毛山動物園へ行ってきました。

あたしは東京生まれ東京育ち。
お隣の県とはいえ、神奈川の行楽施設はあまり詳しくありません。
山下公園とか、ベイブリッジとか、みなとみらいの観覧車とか、ベタな観光名所くらいは知ってるものの、動物園はズーラシアくらいしか行ったことがなかったんですよ。動物園とか水族館とか大好きなくせに。

野毛山動物園は、公益財団法人「横浜市緑の協会」が運営している施設。なんと入場料は無料!
そのせいか、園内はベビーカーで散歩に来ているママがいたり、ママ友団体が子連れでピクニックしていたりと、公園的に利用しているお客さんが多く、ほのぼのとした雰囲気でした。

20161124_1
爬虫類らぶ♡

もちろんフツーの哺乳類や鳥類もたくさんいます。
(夢中で見てて、写真は撮り忘れました。笑)
さすがに11月ともなると動物たちには寒いのか、半分くらいはヒーターの前に鎮座してたり、室内のオリや巣に入ってしまって見えなかったコも。

ふれあいコーナー的なところもありました。

20161124_2
モルモットを抱っこ♡

前置きが長くなりましたが、実はここからが本題。

あたしは生き物全般、みんな好きなんですよ。
なんなら昆虫とかも。Gだけは抹殺しますが。

しかし、唯一苦手なのがネズミ系。
これにはワケがありまして。

子供の頃、家にどこからかネズミが侵入し、なんと室内のどこかで出産しちゃったんですね。
ネズミはお菓子のパッケージをかじって荒したり、主にキッチンで食べ物を探すべく出没していたのですが、そのとき父親が「こいつらは(Gと同じで)害があるから」と、発見するたび瞬殺していたのです。
しかも野生児過ぎる父は、何の道具も使わず素手で握りつぶしていたんですよ……。
(もちろんGが出没したときも同様)

目の前で繰り広げられるスプラッタな光景。
父の指の間からはみ出ている、ネズミ特有の細いシッポ。
それを目撃して以来、ネズミ系の生き物だけは、見ると気持ち悪い記憶がよみがえってしまうため、苦手になってしまったんです……。

モルモットは、一見ネズミっぽくはありません。
細いシッポもないし、毛もカラフルだし、そっと撫でてみた感触はウサギのよう。

(抱っこしてみたい。でもネズミなんだよね。だけど……)

しばし葛藤したのち「これは耳の短いウサギだ」と自分に言い聞かせ、上の写真を撮ることができました。
(連れてってくれたイケメン撮影)

ふれあい広場には、ハツカネズミもいました。コイツはどこから見ても、ちゃんとネズミです。
(何の事情も知らない)彼が肩に乗せて近づいてきたときは「無理無理無理!」と思わず逃げました(笑)

<おまけ>
モルモットを抱っこできた記念?に、お土産コーナーで似た子をGET♡

20161124_3
ぬいぐるみなら怖くないです。笑
(Aくん、買ってくれてありがとう!)

ただいま連載中のコラム&小説

新記事ぞくぞく更新中。読んでね!

『あなたのオモチャになりたいの』(オトナ100恋+)

『男好き半世紀(反省記)』(note)

『熟女はつらいよ!?』(note)

【citrus】コラム(AllAbout)

【オールアバウト】恋愛ガイドコラム(AllAbout)

【ハウコレ】恋愛コラム(ハウコレ)

「zoom」セッション受付中

相談というより戦略会議です。
ジャンルは恋愛・婚活・結婚から不倫・浮気まで、男女のアレコレは全部OK!
一緒にうまくいく方法を考えましょう!
(「人生の先輩として(恋愛以外の)アドバイスが欲しい」などもOK)
※新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、当面の間、対面ではなくオンライン(zoom)にて行います。

こちらは「平日のみ・9時から17時まで」のセッションとなります。「17時以降」および「土日祝日」のセッションは、以下となります。http://shimadakana.thebase.in...

こちらは「17時以降および土日祝日」のセッション(割増料金込)となります。「平日のみ・9時から17時まで」のセッションは、以下となります。http://shimadakana....

Kana Shimadaサイト管理者

投稿者の過去記事

文筆家/女豹ライター/All About恋愛ガイド。
恋愛・結婚・性愛についての造詣が深い。むしろそれ以外のジャンルは書けない(たぶん)。愛する男(旦那)と息子(愛犬)にまみれていれば、だいたい幸せ。
当サイトは、島田佳奈自身が制作から管理までやっております(元SE)。
お仕事のご依頼や執筆物の感想などは「お問い合わせフォーム」からお願いします。

カテゴリー

活動実績

PAGE TOP