【デートにオススメ】ディープな深海生物たちにときめく【沼津港深海水族館】

先日、沼津港深海水族館へ行ってきました。


動物園および水族館が好き(要は生き物と戯れるのが好き)なあたしとしては、ずっと行ってみたかったんですよ。
しかし前回(3年前)は水族館の入口が長蛇の列で、泣く泣く諦めたんです。


リベンジとなる今回は、オープン時刻に到着するよう朝イチで出発~おかげで早い者勝ちな無料駐車場にも停められ、余裕で入ることができました♪

しかし、入口に残念なお知らせが。
この水族館でしか見られない「メンダコ」が(禁漁期により)展示お休み中とのこと。


見られないなら仕方がありません。メンダコは次回のお楽しみとしましょう。

以下、それぞれの名前は忘れてしまったため、ダイジェストにてお届けします。


ちょっとだけよー。


これがホンマの海ほたる。
このコーナーはカーテンで仕切っており、中は真っ暗なので、カップルならドキドキ感も楽しめるかと。
もはや夫婦になると、この程度でYKTKすることはありませんが。笑


正体はヒカリキンメダイ。
目の下にある発光器(発光バクテリアを共生させている)を回転させて、光源をON/OFFできるそうな。


もはや1枚ずつ並べるのはキリがないので、まとめてどーん。


こうして並べると、深海系は奇妙なカタチのものが多いですね。マンガみたいで可愛い♪

オオグソクムシの動画(旦那撮影)もあるよ。


進化の過程が見られるエリア。
「白亜紀」と聞くとつい、ピー助(ドラえもん「のび太の恐竜」)を思い出してしまいますw


これな。


シーラカンス!(剥製)


でかーい。


こちらはラブカの剥製。ゴジラ第二形態。笑

ほら、そっくり。

他の水族館にはいない(ここでしか見られない)生物がたくさんいて、かなり楽しめました。
次回はメンダコのいる時期に行こーっと。

光の届かない、深海。そこにはどんな生物がいるのか、実はほとんどわかっていません。きっと想像もつかないような生物が泳いでいるのだと思います。世界的にも希少なシ...

<おまけ>

その1。自分へのお土産。

ちっさいシーラカンスと、ダイオウグソクムシの帽子。

その2。水族館なのに陸上の生き物が。

ハリモグラ。もちろん生きてます。どこにいるかは、現地で探してみてくださいw

ただいま連載中のコラム&小説

新記事ぞくぞく更新中。読んでね!

『あなたのオモチャになりたいの』(オトナ100恋+)

『男好き半世紀(反省記)』(note)

『熟女はつらいよ!?』(note)

【citrus】コラム(AllAbout)

【オールアバウト】恋愛ガイドコラム(AllAbout)

【ハウコレ】恋愛コラム(ハウコレ)

「zoom」セッション受付中

相談というより戦略会議です。
ジャンルは恋愛・婚活・結婚から不倫・浮気まで、男女のアレコレは全部OK!
一緒にうまくいく方法を考えましょう!
(「人生の先輩として(恋愛以外の)アドバイスが欲しい」などもOK)
※新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、当面の間、対面ではなくオンライン(zoom)にて行います。

こちらは「平日のみ・9時から17時まで」のセッションとなります。「17時以降」および「土日祝日」のセッションは、以下となります。http://shimadakana.thebase.in...

こちらは「17時以降および土日祝日」のセッション(割増料金込)となります。「平日のみ・9時から17時まで」のセッションは、以下となります。http://shimadakana....

Kana Shimadaサイト管理者

投稿者の過去記事

文筆家/女豹ライター/All About恋愛ガイド。
恋愛・結婚・性愛についての造詣が深い。むしろそれ以外のジャンルは書けない(たぶん)。愛する男(旦那)と息子(愛犬)にまみれていれば、だいたい幸せ。
当サイトは、島田佳奈自身が制作から管理までやっております(元SE)。
お仕事のご依頼や執筆物の感想などは「お問い合わせフォーム」からお願いします。

カテゴリー

活動実績

PAGE TOP