【熟女はつらいよ!?】老化に対する考え方の変化について書きました

掲載報告

【note】で展開中のマガジン『熟女はつらいよ!?』を更新しました。
今回のテーマは「『老けた』ことに萎える日もあり、『若くない』ことにホッとする日もあり。」。

コラムはこちらからどうぞ。
(定期購読:400円/月。コンテンツ単位の購入も可能:150円/本)

たまに思うんです。20代の頃と今と、外見も内面もすごく変化したなーって。
内面の成長や悟りはうれしいけど、外見の衰えは寂しく思うことも。

だけどそれは、生きとし生けるものすべてにおける、当然の経過。

いずれ死にゆく肉体を呪うより、変化を慈しむほうがずっと人生は豊かになります。
時の流れに逆らうのもひとつの価値観だけど、あたしは先だけを見て生きてゆきたいなー。

そんな考えに至ったからか、男を見る目も変化したように思います。
枯れ木も山の賑わい。違った、亀の甲より年の劫。笑

タイトルとURLをコピーしました