【熟女はつらいよ!?】「オッサン系熟女」と「こじらせ系熟女」について書きました

【note】で展開中のマガジン『熟女はつらいよ!?』を更新しました。
今回のテーマは「『オッサン系熟女』と『こじらせ系熟女』」。

コラムはこちらからどうぞ。
(定期購読:400円/月。コンテンツ単位の購入も可能:150円/本)

ひとくちに熟女といっても、いろんなタイプがいる。 ここ最近増えつつあるのは、オッサン系熟女だ。オッサンなんだか熟女なんだかややこしいが、両方を絶妙なバランスで併せ持っている彼女らは、やはり「オッサン系熟女」としか言いようがない。 性別は女、見た目は熟女(美魔女系な人も)、オッサンなのは、中身のサバサバ具合とガサツな振る舞いだ。 同じように女装しているものの、ニューハーフのほうが中味はずっと女らしい。女の悪い性質(湿っぽさや陰険さ)までも踏襲しているニューハーフは少なくないが、オッサン系熟女には...

最後まで読まれた方はおわかりかと思いますが「オッサン系熟女」のサンプルはあたしです(笑)
そもそも若い頃から性格が男子寄りな女は、熟女になるとまんまオッサン化するという事例。もはや女らしくなることは諦めました。

それでも性別が女であるからには、きっと少しは女っぽさもあるのではないかと。毛穴から少しくらいは女臭が漂っているのではないかと。異性である男からは、それらのエッセンスも少しは感じるのではないかと。汗

果たしてこじらせ系熟女とどちらがマシかといえば、五十歩百歩だとは思うのですが。
あとはもう、個人の好みですね。こじらせててめんどくさい女が持つ色気(湿気)が萌えるという意見もあれば、サバサバしすぎてて男っぽい女のほうがわかりやすくていいという意見もあるし。

「フツーの熟女はいないのかよ!」
もちろんいますよ、どこかには。

ただ、オッサンにもオバサンにも寄っていない「大人のいい女」みたいな熟女は、男たちの幻想です。
オモテではそう見える熟女系の女優さんとかも、きっと家に帰ればオッサンかオバサンモードになるはずです。笑


ただいま連載中のコラムやエッセイなど

新記事ぞくぞく更新中。読んでね!

『「アラフィフ婚活」という無理ゲー』(note)

『熟女はつらいよ!?』(note)

『男好き半世紀(反省記)』(note)

『日々の戯言』(note)

『作家以前。』(note)

【citrus】コラム(AllAbout)

【オールアバウト】恋愛ガイドコラム(AllAbout)

【ハウコレ】恋愛コラム(ハウコレ)


「31歳からの恋愛相談室」アドバイス更新中!

島田佳奈の回答(オールアバウト)


個人セッションご希望の方はこちら

相談というより戦略会議です。
ジャンルは恋愛・婚活・結婚から不倫・浮気まで、男女のアレコレは全部OK!
一緒にうまくいく方法を考えましょう!
(「人生の先輩として(恋愛以外の)アドバイスが欲しい」などもOK)
※新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、当面の間、対面ではなくオンライン(zoom)にて行います。

あなたの恋愛(結婚/婚活)がうまくいくための作戦を一緒に考え、アドバイスします。個人セッション(有料)。


Kana Shimadaサイト管理者

投稿者の過去記事

文筆家/女豹ライター/All About恋愛ガイド。
恋愛・結婚・性愛についての造詣が深い。むしろそれ以外のジャンルは書けない(たぶん)。
当サイトは、島田佳奈自身が制作から管理までやっております(元SE)。
お仕事のご依頼や執筆物の感想などは「お問い合わせフォーム」からお願いします。

カテゴリー

活動実績

PAGE TOP