内面の変化が見える世界を変えることの不思議。人って案外簡単に生まれ変われるんだね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

​昨日のコンサルであたしの意識が変貌したことは、目の前の景色すべてが違って見えるようになったことで実感しました。
昨日と今日で、何も周囲は変化していないはずなのに。不思議。

これまであたしを取り巻く様々なタスクは「やりたいこと」「やらなきゃいけないこと」「(やりたい気分になれず)放置していること」の3つに分類されていました。
しかし今は「やらなきゃいけないこと」が「あたしに必要だからやりたい」ようになり、放置していることに至っては「やりたい」「(必要ないから)やらない」と潔く二分化できそうな感じです。

気分が乗らず放置しているタスクは、積もるほどストレスになります。やるならチャッチャと片づけ、やらないなら切り捨てると決断できれば、見て見ぬフリがなくなって快適です。

気づいたきっかけ

意識の変化は、あたしの中から「面倒」という感情を払拭しました。やりたいと思えるタスクばかりになれば、すべて「楽しい」に変換され、効率も俄然アップします。
それに気づいたのは、帰宅後、なぜか水回りの大掃除がやりたくなり、衝動的にはじめてしまったから(笑)

普段から水回りはこまめに掃除していましたが、次第にカルシウム系の汚れが蓄積されちゃうんですよね。前々から気になっていて、ダイヤモンド粒子の専用スポンジだけはGETしていたくせに、ついつい面倒で後回しにしちゃってたタスクのひとつです。
このときのあたしは、面倒という感情が頭をよぎるよりも先に、棚からスポンジを出して一心不乱に磨きはじめていました。
で、磨いてる最中に「これはもしや、巷で噂(?)の『意識が変われば見える景色が変わる』現象ってヤツか!?」と気づいたのでした。
面倒だったはずの大掃除は、やればやるほど「今までありがとう」という部屋への感謝に変化し、終わる頃には心までスッキリ☆

本当は全部「ある」ことに気づく幸せ

昨日の今日という短い時間で、現実は何ひとつ変化していません。
だけど今、あたしの前に転がっていたはずの様々な問題は「たいしたことじゃない」「悪いようには絶対にならない」という確信に変化しています。心配事じゃなくなった時点で、いくつかの問題は「解決」しちゃいましたw

その根底にある意識は「だってあたしだから」という、傲慢なまでの確固たる自信。

経済的に恵まれた家に生まれ、いい学校に行かせてもらい(なのに家出とかしちゃったけど)、今でも家族仲はいいし、どんな仕事もうまくやれてきたし、友達みんなに愛されているし、美人じゃないけどモテるし、楽しい恋もたくさんしてきたし、あたしと結婚したいと思ってくれた男・実際に結婚した男も何人かいたし、欲しいものはだいたい手に入っているし、やりたいことはほとんどやれているし、困ったときは必ず誰かに助けてもらえてたし、全部全部「ある」人生を送れていたんですよ、この47年間。
衝動的に死にたくなるほど辛かった過去もあったし、死ぬかもと思うほどのピンチもあったけど、今こうして元気で幸せな日々を送れるくらい、悪運も強かったんですよ(笑)

今はこうして全て「ある」と実感できましたが、昨日コンサルを受けるまでのあたしは「ほぼほぼ『ある』つもりになっていたが、まだ全部『ある』ことに気づいていなかった(受け取れていない『ある』があった)」だったんですね。
その気づいていなかったことを「素直に受け取る=もっと『ある』ようになる」と決めたら、一瞬で物事すべてに対する自分の気持ちまで変わっちゃったのです。

物書きのくせにボキャブラリー貧困でアレですが「不思議」としか形容できない感覚です。

たぶんきっと、この「不思議」もそのうち「不思議じゃない」と悟る瞬間がくるのではないかと思います。
思い上がりも甚だしいですが、今あたしは「全知全能」感覚になっています。
いいんです。他人に強要はしませんから、そう思わせておいてください(笑)

PICKUP

ARCHIVE

PAGE TOP