2020年を振り返る。来年は変化の年になりそう!

暮らしいろいろ

2020年もあと1日。今年はこの記事をラストにしようかと。
明日からは、ネットを離れてのんびり年越し……なんてね。できるわけないなw
絶対SNSにはログインすると思います。なんならインスタに正月の様子をアップしちゃう。間違いない。笑

島田佳奈的・2020年重大ニュース

今年の総まとめを書く前に、過去の年末記事を拾ってみました。

<2016年>

<2017年>

<2018年>

<2019年>

そして2020年。
コロナの影響か、今年は情けないほど仕事してません。
マトモに数こなしたのは、恋愛相談コンテンツ(31歳からの恋愛相談室)への回答くらいかな。

島田佳奈さんの回答 [31歳からの恋愛相談室] All About
「31歳からの恋愛相談室」に寄せられた質問に対する、島田佳奈さんからの回答集です。

あとは昨年から続いてた連載シナリオ(あなたのオモチャになりたいの)と、note(熟女はツライよ!?、アラフィフ婚活という無理ゲー、他)とメルマガ(愛がなきゃ生きていけない)をひたすら配信したくらい。


熟女はつらいよ!?|島田佳奈(Kana Shimada)|note
レベル52(2021年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。

「アラフィフ婚活」という無理ゲー|島田佳奈(Kana Shimada)|note
46歳からおよそ1年間、島田佳奈が体験したネット婚活の実態を語ります。 多少の脚色はあれど、ほぼノンフィクション。リアルRPGをお楽しみくださいませ。

インタビュー掲載が1件、記事監修が数件、テレビが1件(私の出演ではなく掲載記事が紹介された)と、メディア登場回数も例年よりは少なめでした。

[clink url=”https://kana-shimada.net/1-job/web/”]
[clink url=”https://kana-shimada.net/1-job/tv-radio/”]
[clink url=”https://kana-shimada.net/1-job/writing/”]

対してプライベートのほうも、自粛云々で野球観戦も1回しか行かなかったし、ひたすら地味に過ごしてました。
嘘、野球がつまらなかった(だって外野で立って騒げないんだもん)ので、代わりにサッカー観戦へ出向いてましたw


これはパナスタ。限定ユニフォームが貰えるイベントでした。


大阪ついでに、生まれて初めてUSJにも行きました。gotoトラベル万歳。


これは浦和戦。試合前のビールは旨し。


これは平塚戦(写真は試合前のビール)。


再びパナスタへ(写真は太陽の塔)。

写真はないけど、この他にも数試合(主にガンバ戦)観に行きました。
(もちろん、コロナ対策は万全でしたよ!)

+ + +

今年もっとも大きな事件は、愛犬エディが虹の橋を渡ったこと。


これは生前最期の1枚。左目は見えてません。
この1週間後に他界するなんて、この時は思いもしませんでした。

[clink url=”https://kana-shimada.net/2-private/20201105/”]
[clink url=”https://kana-shimada.net/2-private/20201105_b/”]

エディがいなくなり、介護に追われていた時間がポッカリ空いて、私は自宅に引きこもる生活が辛くなってきました。

家にいるとエディの不在が哀しくてたまらなくなってしまいます。
その辛さを軽減するために、通勤の仕事(エンジニア)を再開することにしました。
加えて、住まいも替える(引っ越す)ことにしました。人生19回目の引越しです。今回は近所(横浜市内)ですw

いずれも具体的に動き始めるのは年明けからですが、年末にバタバタと仕事と住居が決まって、今は嬉しさとともに戸惑いもあります。
もうBBAなのに、生活激変して体力ついていけるかしらん。

まーどちらも楽しみなので、この先バテないよう、今は体力増強に励みます。

+ + +

読者の皆様、お仕事でお世話になった皆様、ありがとうございました。
来年も、島田佳奈を応援してくださいね!

お友達のみんなも、ありがとう。
来年も仲良くしてね♪

2021年は、果たしてどんな年になるでしょーか。
コロナが収束する目星がつくまでは、なかなか明るい未来を描けないかもしれません。それでも半径5メートルの生活自体は、自分次第でいくらでも楽しくすることができます。

今年は劇的に哀しいことがあったけど、独りじゃなかったから、乗り越えることができそうです。
ありがとう、旦那。

タイトルとURLをコピーしました