【新連載】アラフィフ婚活エッセイ配信スタート!

掲載報告

noteにて、アラフィフ婚活エッセイ(連載)の配信をはじめました。

エッセイは、こちらからどうぞ。

極寒の中、便器を抱えながら「もう独りはイヤ」だと思った。|島田佳奈(Kana Shimada)|note
死を目前にしたとき、人は己の最も内側に潜んでいる本音に気づく。 「どうして死ぬ前に〇〇しなかったんだろう」 「このまま〇〇しないで死んでしまうなんて」 元気なときは、すっかり忘れている欲望。願望。希望。 私の場合、それは「結婚」だった。 「女」を売ることの限界 四十五歳の冬。自宅のトイレで便器を抱えた私は、死ぬ...

マガジン名(連載タイトル)は『「アラフィフ婚活」という無理ゲー』。
下のリンク先をブクマしておけば、後でイッキ読みできます。今はまだ1本しか配信してないけどw

「アラフィフ婚活」という無理ゲー|島田佳奈(Kana Shimada)|note
46歳からおよそ1年間、島田佳奈が体験したネット婚活の実態を語ります。 多少の脚色はあれど、ほぼノンフィクション。リアルRPGをお楽しみくださいませ。

定期購読形式ではありません。基本無料(内容により有料となる場合もアリ)。

ぶっちゃけ、書籍化狙ってます。
noteの反響次第で、紙(書籍)にできれは御の字。

新たな試みは、某編集担当さまのご提案。
そうよね。今は「本になるまでネタは温存」などともったいぶらず、書きたいモノをどんどんアウトプットする時代よね。

というわけで、ほぼ実話(若干の脚色はアリ)の泣き笑いエッセイをお届けします(週刊予定)。
5年前にやっていた婚活の実態やいかに。乞うご期待☆

タイトルとURLをコピーしました