「芸術が爆発した人」に救われる。

去るシルバーウィーク、川崎市の「岡本太郎美術館」へ行ってきました。

コロナ禍で事前予約必須のスポットが多い中、ここは予約不要なのがありがたい。思い立ったときにフラッと立ち寄れます。

以前から岡本太郎のエッセイには感銘を受けていましたが、アート作品については大阪万博の「太陽の塔」と渋谷マークシティ「明日の神話」くらいしか知らなかった私。

岡本太郎の巨大壁画、渋谷に出現――JR渋谷駅と井の頭線改札を結ぶ「渋谷マークシティ」2階連絡通路で11月17日午後、芸術家・岡本太郎が描いた巨大壁画「明日の神話」の一...

岡本太郎美術館は、生田緑地の中にあります。駐車場からだと緑地を横断して辿り着くルートになるので、お散歩しながら森林浴もできて快適。

岡本太郎美術館は、川崎生まれの芸術家・岡本太郎の芸術、およびその両親である漫画家・岡本一平、小説家・岡本かの子の芸術を顕彰する美術館です。

入口でアルコール消毒と検温を済ませた私と旦那を出迎えたのは、ほぼ等身大の岡本太郎パネル。

天国の岡本太郎も、まさかこんな使われ方をするとは想像してなかったでしょーね。笑
一平とかの子(岡本太郎の両親)までも、この有り様。ふざけっぷりがナイスw

ここは美術館では珍しく、作品の撮影がOKです。帰宅してから作品を振り返ったり、お気に入りの作品をSNSにアップしたりできる、嬉しいサービス。

というわけで、ここからは私のお気に入り作品を並べてみます。

入口から岡本太郎ワールド全開。コーフンして毛穴が開きます。
手モチーフの椅子。実際に座れます。
太陽。これはあちこちで使われてるモチーフですね。横浜そごうの屋上には、今もあるのかな?
ティーポットのモチーフはニワトリかな。こういうセンス、大好き!
ミニチュア太陽の塔に顔がもうひとつ。笑
大阪万博で公開された本物(1970年)。スケール感がゴイスー。当時私は産まれていたが、赤子だったので見ていません。
この椅子も岡本太郎の作品。右側のソーシャルディスタンス対策、太郎的には不本意ではないかと。

どの作品も岡本太郎の自由な思想が伺えて感心したのですが、終盤に登場したパネルの文字に、私は心から救われた気持ちになりました。

出典失念。どこかのインタビューで岡本太郎が答えたエピソードらしいです。

肩書に縛られる必要なんて、ないですよね。私も文章に留まらず、絵でも歌でも自分のやりたいこと(できること)をどんどんアウトプットしてみよう、と心に誓いました。

+ + +

岡本太郎ワールドに洗脳されたせいか、オリジナルのグッズをたくさん買ってしまいました。

Tシャツ。背面に太陽の塔。
ガチャガチャでGETした、コップのフチ子・太陽の塔バージョン。シュール。
総額1万7千円の衝動買い。後悔はしていませんw

ただいま連載中のコラム&小説

新記事ぞくぞく更新中。読んでね!

『あなたのオモチャになりたいの』(オトナ100恋+)

『男好き半世紀(反省記)』(note)

『熟女はつらいよ!?』(note)

【citrus】コラム(AllAbout)

【オールアバウト】恋愛ガイドコラム(AllAbout)

【ハウコレ】恋愛コラム(ハウコレ)


「zoom」セッション受付中

相談というより戦略会議です。
ジャンルは恋愛・婚活・結婚から不倫・浮気まで、男女のアレコレは全部OK!
一緒にうまくいく方法を考えましょう!
(「人生の先輩として(恋愛以外の)アドバイスが欲しい」などもOK)
※新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、当面の間、対面ではなくオンライン(zoom)にて行います。

こちらは「平日のみ・9時から17時まで」のセッションとなります。「17時以降」および「土日祝日」のセッションは、以下となります。http://shimadakana.thebase.in...

こちらは「17時以降および土日祝日」のセッション(割増料金込)となります。「平日のみ・9時から17時まで」のセッションは、以下となります。http://shimadakana....


Kana Shimadaサイト管理者

投稿者の過去記事

文筆家/女豹ライター/All About恋愛ガイド。
恋愛・結婚・性愛についての造詣が深い。むしろそれ以外のジャンルは書けない(たぶん)。愛する男(旦那)と息子(愛犬)にまみれていれば、だいたい幸せ。
当サイトは、島田佳奈自身が制作から管理までやっております(元SE)。
お仕事のご依頼や執筆物の感想などは「お問い合わせフォーム」からお願いします。

カテゴリー

活動実績

PAGE TOP