【愛生きバックナンバー】ときめきの先にあるもの

メルマガ『愛がなきゃ生きていけない』掲載のコラムです。
vol.40(2003.9.28配信)

現在も配信中!(無料)

「オトナ」ならではの、グレーゾーンな恋愛。「オトナ」だからこその、なかなか言えない女心。作家・島田佳奈のルーツでもあるこのメルマガは、独りの夜にお読みください。

あーーーーーー恥ずかしい!
何なの、この「匂わせ」ポエムは!
(末尾の数行ね)

当時好きだった男が読んでくれることを期待した文章は、今読むと、微笑ましいというより「バカかコイツ」と冷めた目で見てしまいます。苦笑
まーその後ちゃんとメッセージが(当の相手に)届いたんだから、目論見成功なんですがw

ときめきの先にあるもの

恋の始まり。
それまで何とも思っていなかったはずのオトコを、ふとした会話や仕草で意識する瞬間。

とっても楽しいはずの恋愛初期。
あたし実は、すごくニガテなんです。

昔はそうは思っていませんでした。
相手のコトを知ってゆく、そのひとつひとつが新鮮で嬉しくて。
同時に、自分を知ってもらう過程での、相手の反応も面白くて。

だけど、どんなにときめいた恋愛にも、やがて倦怠期は訪れます。

極端なコトを言えば、オトコがときめいてるのは、寝る直前まで。
いくつもの恋愛の中には、寝てから2ヶ月かかって口説いてきたお熱いオトコも、サル状態(!)が過ぎて落ちついてからプロポーズしてきたオトコもいましたが、おそらく大多数のオトコは、寝た後からじわじわと扱いが変化してくるモノではないかと。

あたしが恋愛初期を楽しめなくなってしまったのは、そんなオトコの「寝たらオレのモノ」的な変化を、最初から想像してしまうから。
「こんなに盛りあがってても、コイツもどうせそのうち……」
と、どこか熱中できなくなってしまったんですよね(苦笑)

* * * * * * * *

恋愛初期の「ときめき」段階を楽しめないと、恋愛そのものが面倒に思えてしまいます。

よほど突飛な職業のオトコや、想像つかないような人生を送ってきたオトコでもなければ、ちょっと会話をしていくウチに、どんなオトコかは読めてきてしまうもの。
しかも、あたしは意外?とおカタイ職業や育ちのいいオトコと波長が合うので、読めないほど破天荒なタイプのオトコとは、友人になるコトはあっても、恋愛に発展する可能性はゼロに等しい。

新しい恋に進む気力すらなくなったら、オンナとしておしまいだな、と自分では恐れてるんですが……。

* * * * * * * *

愛するパートナーと一緒にいる一番の喜びは「安らぎ」です。
切なさも恋愛の醍醐味だけど、そればかりでは疲れてしまうもの。

歴史が築き上げた、兄妹のような既知感が心地良い。
慣れ親しんだ肌は、お互いの一番気持ち良い部分を愛するコトができる。
長年の間に影響を受けて、お互い相手の中に「自分」を発見するのも嬉しい。

だけどきっと、それは誰とつき合っても同じ。
長く連れ添っていれば、同じように居心地の良さは生まれてくる。

違いがあるとすれば、そこに至るまでの過程を乗り越えられるかどうか。
恋愛において、それが実は最も至難ではないかと。

お互いがきちんと向き合っていなければ、等身大の相手を知るコトはできません。
いい部分も悪い部分も知って、それでも愛するに値すると思えなければ、「安らぎ」ポイントに達する以前に、関係は破綻してしまいます。

恋愛中期のさまざまなトラブルやマンネリを超え、「安らぎ」こそがホンモノだと思えたら、いよいよ次のステップ。
そうやって結婚まで到達したカップルは、簡単に離婚しない「強い絆」が生まれているような気がします。

* * * * * * * *

だけど悲しいかな、安らぎの中の愛情の心地良さを知らないオトコの多いこと。
そんなオトコは「ときめきこそ恋愛の醍醐味」だと信じ、ときめかなくなった途端に飽きて、ヨソに新たなときめきを求めてしまいます。
それは恋人でも夫婦でも同じ。

自分も散々「浮気相手」という立場を経験したからわかるのですが、オトコの浮気って、台風みたいなモノ。
ただそれが長いヒトだと、40歳くらいになっても繰り返します(苦笑)

そんな浮気オトコでも、ときめきばかりでは疲れるコトに、いつかは気がつきます。

エネルギーが有り余っている若いウチに浮気しまくっていたオトコでも、仕事で一旗揚げなきゃいけない世代になれば、エネルギーの使い道が変化します。
男性ホルモン過多な「種まき」系のオトコだってトシになれば衰えるし、そうなればヨソに求めるときめきも、可愛いレベルに落ちてきます(笑)

天下の石田純一でさえ、最近は落ちついてきましたよね。
浮気相手だったはずの今の彼女に対し、長い年月を経た今では、「ときめき」だけで一緒にいるようには思えません。

オトコもオンナも、同じ人間。愛を求める気持ちは一緒。

「ときめき」は恋であって、愛ではない。
愛は「安らぎ」の中にしか生まれない。

その心地良さこそが「満たされる」状態だと、気づくのが早いか遅いか。
ただそれだけなんじゃないか……とあたしは思います。

* * * * * * * *

あたしはいつでもここにいるよ。
あたしの中はいつでもあったかいよ。
だから入ってきてね。
いっぱい包んであげるから。

ただいま連載中のコラムやエッセイなど

新記事ぞくぞく更新中。読んでね!

『「アラフィフ婚活」という無理ゲー』(note)

『熟女はつらいよ!?』(note)

『男好き半世紀(反省記)』(note)

『日々の戯言』(note)

『作家以前。』(note)

【citrus】コラム(AllAbout)

【オールアバウト】恋愛ガイドコラム(AllAbout)

【ハウコレ】恋愛コラム(ハウコレ)

「31歳からの恋愛相談室」アドバイス更新中!

島田佳奈の回答(オールアバウト)

個人セッションご希望の方はこちら

相談というより戦略会議です。
ジャンルは恋愛・婚活・結婚から不倫・浮気まで、男女のアレコレは全部OK!
一緒にうまくいく方法を考えましょう!
(「人生の先輩として(恋愛以外の)アドバイスが欲しい」などもOK)
※新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、当面の間、対面ではなくオンライン(zoom)にて行います。

こちらは「平日のみ・9時から17時まで」のセッションとなります。「17時以降」および「土日祝日」のセッションは、以下となります。http://shimadakana.thebase.in...

こちらは「17時以降および土日祝日」のセッション(割増料金込)となります。「平日のみ・9時から17時まで」のセッションは、以下となります。http://shimadakana....

Kana Shimadaサイト管理者

投稿者の過去記事

文筆家/女豹ライター/All About恋愛ガイド。
恋愛・結婚・性愛についての造詣が深い。むしろそれ以外のジャンルは書けない(たぶん)。
当サイトは、島田佳奈自身が制作から管理までやっております(元SE)。
お仕事のご依頼や執筆物の感想などは「お問い合わせフォーム」からお願いします。

カテゴリー

活動実績

PAGE TOP