【日記】手作りの大変さと愛情と(20191112)

  • follow us in feedly

たぶん昭和的発想だと思うのですが、あたしには「ハンドメイド至上主義」という思想があります。
要は「完成度は未熟であろうと、手作りのほうが心がこもってて最高よね!」という考え方。

その昔、あたしは何でも作ることが好きでした。
手芸部でフェルト人形を作ったり、キルティング地で巾着袋(80年代に流行した)を作ったり。
中学2年からつき合った初彼氏なんて、冬が来るたび毎年「手編みのマフラー」やら「手編みのセーター」やらプレゼントしてましたしね。
もちろんバレンタインは手作りのチョコやケーキ。愛情の押し売り!笑

今は「時間をお金で買う」主義になってしまったので、ハンドメイドに精を出すことはほぼ皆無になってしまいましたが、冒頭の思想はいまだ呪縛のように定着しています。
だからかな。今でも本命彼氏へのバレンタインは(ハンドメイドを喜んでくれる相手に限り)手作りだし。
「あたしの貴重な時間を捧げて作ったんだから、ありがたく思え」くらいの念を込めて。なんてねw

料理はさほど好きじゃないけど、お菓子作りは好きなんですよ。
高校時代は家庭部で3年間、毎週お菓子作ってたくらいだし。意外と乙女?w

閑話休題。
普段の自炊は手抜きマンセーですが、たまーに凝ったモノを作りたい衝動が起こることがあります。
中でも、毎年秋になると「一度くらい、ちゃんと栗を剥くところからやって、本格的な栗ご飯が作りたい」衝動に襲われていたんですね。

レベル50にして、とうとう、その衝動を現実にしました。
そのために、秘密兵器をGETしました。


じゃじゃん。栗剥きハサミです。
「栗くり坊主」というネーミングも昭和的でナイス(笑)
隣の栗は、茹でて水に晒して鬼皮を柔らかくしたもの。

最初は「これで指切ったら、もう一生栗剥きなんてやらないだろうな」とビクビクしてたんですよ。
しかし「栗くり坊主」は、ビギナーのあたしでも簡単に操れる文明の利器でした。


見事、晩ご飯に出すことができましたーーー♪
うっかり(昼間栗剥きしたことを忘れ)ピエンロー鍋を仕掛けてしまったので、組み合わせ的にはビミョーでしたが、美味しかったですw

+ + +

手作りといえば、お菓子作りのプロになったあげく、コンフィチュール工房をオープンさせたご学友がいます。
もう5年になるのかな。あたしは前身のカフェプロデュース時代からずっと彼女の作るモノを口にしていて、その美味しさに惚れていて、今の「旅するコンフィチュール」の商品も他の友人へプレゼントするなど、地味に応援しています。

そんな彼女が、地元のフリーペーパーから取材を受け、なんと表紙に載りました!


美人さん♪

自分の作るものを商品化できるなんて、ハンドメイドの極みだわー。
あたしは栗剥きだけで「もう来年はいいかな」と思ってしまったのに(笑)

「旅するコンフィチュール」公式サイトはこちら。
通販もやっているので、よかったらどうぞー♪


ただいま連載中のコラム&小説

新記事ぞくぞく更新中。読んでね!

『あなたのオモチャになりたいの』(オトナ100恋+)

『男好き半世紀(反省記)』(note)

『熟女はつらいよ!?』(note)

【citrus】コラム(AllAbout)

【オールアバウト】恋愛ガイドコラム(AllAbout)

【ハウコレ】恋愛コラム(ハウコレ)


対面セッション受付中

相談というより戦略会議です。
ジャンルは恋愛・婚活・結婚から不倫・浮気まで、男女のアレコレは全部OK!
一緒にうまくいく方法を考えましょう!
(「島田佳奈に会いたい」「人生の先輩として(恋愛以外の)アドバイスが欲しい」などもOK)

こちらは「平日のみ・9時から17時まで」のセッションとなります。「17時以降」および「土日祝日」のセッションは、以下となります。http://shimadakana.thebase.in...

こちらは「17時以降および土日祝日」のセッション(割増料金込)となります。「平日のみ・9時から17時まで」のセッションは、以下となります。http://shimadakana....


カテゴリー

活動実績

PAGE TOP