愛犬エディが他界しました(その1)

去る11月2日、愛犬エディが虹の橋を渡りました。

享年17歳。人間換算では90歳近く。チワワとしては、かなりの長生きです。

たまたま旅行で動物病院に預けていたその日。
お迎えに行く予定の1時間前に発作(※)を起こし、病院から連絡が入りました。
私は出先から中座して病院へ駆けつけましたが、到着したときにはもう心停止状態で、心臓マッサージが行われていました。

※エディは2歳から(水頭症による)てんかん持ちで、ずっと薬を飲ませていました。てんかん発作は心臓に負担がかかるので、高齢になり「次に発作起きたら危ないかも」と言われていました。

まだ暖かいエディのそばで、何度も耳元で呼びかけました。まぶたを開いても眼球は動かず、口を開いても舌は動かず、触られると嫌がる鼻や爪をいじっても、まったく反応しません。

もはや目の前にいるのは、エディの形をした別の何かであり、魂はもう抜けてしまったことを察した私は、マッサージしてくれている看護師さんに「もういいです」と告げました。

心電図反応が途絶え、獣医さんと看護師さんたちが神妙な面持ちでエディを囲み、哀しみの沈黙が訪れました。
「キレイにしてからお渡しします」と言われ、私は待合室に戻りました。

再び呼ばれて診察室へ入ると、バスタオルに包まれたエディが診察台の上に鎮座していました。獣医さんが、持参した犬バッグに亡骸を入れてくれました。
診察室を出てお会計を済ませ、もう不要な診察券を返却し、動物病院を出ました。

そこから自宅までの道のりは、エディの散歩で何度も通ったところ。
キレイな夕陽を眺めながら、呆然と歩きました。

ウチに帰って、いつものようにハウスへ入れて、水を飲ませて、ただいまとおかえりを言って、離れていた数日間を埋めるように抱っこして、エディとおしゃべりするはずだった時間。

だけどもう何を話しかけても返事はなく、どれほど触っても反応はありません。バッグの中のエディは暖かいのに、もう生きていないからです。

無言の帰宅。安らかな寝顔です。

そこから旦那が帰ってくるまで、私は衝動的にあらゆる犬のモノを片づけました。ケージを分解し、洗い替えのベッドや服やケアするグッズやフードを全てゴミ袋にまとめました。

「もう二度と生き返ることはない」ならば、未練を残しそうなものは一気に排除しようと思いました。事務的に身体を動かしている間だけは、現実を直視せずにいられます。

一連の作業を終えた私は、覚悟をしてエディの亡骸に触れました。
エディは少しずつ体温が失われ、死後硬直が始まっていました。

もうこれはエディじゃない。
魂の抜けた犬の亡骸は、まるでぬいぐるみのような感じです。
この瞬間、抑えていたものがこらえきれなくなりました。

もうごはんを作る気力もなく、旦那が帰宅してもずっと泣いてました。
食欲もなかったけど、旦那が大阪で買ってきた551の肉まんを蒸してくれたので、少しだけ食べました。

昔、飼っていた猫を見送ったことのある旦那が、エディを保冷剤で冷やしました。
このぬいぐるみみたいな物体は、つい数時間前までエディという生き物でした。
死んだものは放置すると腐ります。そんな簡単なことも、私は思いつきませんでした。

過去、実家で飼っていた犬や猫を見送りましたが、それらの手続きは父親がやっていました。そもそも実家を出た後に他界した子は、死に目にすら会えていません。
そういう意味では、ペット(犬)の里親になってから見送るまで一連の経験をしたのは、今回が初めてでした。

その後はお通夜らしく、旦那と生前のエディについて何時間も語りました。時折エディの亡骸を撫でたり匂いを嗅いだりして、もう帰らない無念さに、しくしくと泣きました。

(つづく)


ただいま連載中のコラムやエッセイなど

新記事ぞくぞく更新中。読んでね!

『「アラフィフ婚活」という無理ゲー』(note)

『熟女はつらいよ!?』(note)

『男好き半世紀(反省記)』(note)

『日々の戯言』(note)

『作家以前。』(note)

【citrus】コラム(AllAbout)

【オールアバウト】恋愛ガイドコラム(AllAbout)

【ハウコレ】恋愛コラム(ハウコレ)


「31歳からの恋愛相談室」アドバイス更新中!

島田佳奈の回答(オールアバウト)


個人セッションご希望の方はこちら

相談というより戦略会議です。
ジャンルは恋愛・婚活・結婚から不倫・浮気まで、男女のアレコレは全部OK!
一緒にうまくいく方法を考えましょう!
(「人生の先輩として(恋愛以外の)アドバイスが欲しい」などもOK)
※新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、当面の間、対面ではなくオンライン(zoom)にて行います。

こちらは「平日のみ・9時から17時まで」のセッションとなります。「17時以降」および「土日祝日」のセッションは、以下となります。http://shimadakana.thebase.in...

こちらは「17時以降および土日祝日」のセッション(割増料金込)となります。「平日のみ・9時から17時まで」のセッションは、以下となります。http://shimadakana....


Kana Shimadaサイト管理者

投稿者の過去記事

文筆家/女豹ライター/All About恋愛ガイド。
恋愛・結婚・性愛についての造詣が深い。むしろそれ以外のジャンルは書けない(たぶん)。
当サイトは、島田佳奈自身が制作から管理までやっております(元SE)。
お仕事のご依頼や執筆物の感想などは「お問い合わせフォーム」からお願いします。

カテゴリー

活動実績

PAGE TOP